ゲームの専門学校で夢を叶える|ゲームオーバーしない学校の選び方

アニメ

学校選びに失敗しない

漫画

ゲームのプログラマーになりたいと考えている人は、専門学校に通うか大学に通うか選ぶ必要があります。大学の場合、ゲーム作成のみに特化した授業はほとんど行なっておらず、情報系学科でプログラミングの技術を勉強できます。また、専門学校の場合はゲーム作りに特化したプログラミングを学ぶことができるので、ゲーム業界で即戦力になることができます。さらに、専門学校ならコミュニケーション能力や同期や上司との仕事で必要な対話力、トラブルの対応力なども身につけることができるので、技術面以外にも就職に有利なことを多く学べます。ゲーム業界で働くかまだはっきりと決まっていない人は選択肢が広がる大学が、ゲーム業界で働きたいと進路が決まっている人には専門学校が適しています。

ゲームの専門学校の中にはゲーム業界と太いコネを持っている学校もあります。コネを持っているということは、その分就職に有利ということなので、卒業後就職難に陥る心配がありません。ゲームの専門学校の中には、在学中にゲーム会社の人事部に向けて作品のプレゼンテーションを行なう授業があります。実際にプロの目に作品や自分自身を売り込むことができるので、在学中からプロになるきっかけ作りが可能になります。このプレゼンテーションがきっかけでその会社に就職した人も多くいるので、学生たちの目標にもなっており高い意欲を育てています。また、インターン先でそのまま就職を決める学生も多くいます。プロの業界とのコネをもっている専門学校なら、そういったことが多くあるので、専門学校選びの際はその学校の特徴や進路状況をよく見て選びましょう。